--/--/-- (--)  --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/03/23 (Thu)  06:09

フマジメな現在・・・in 流川③~キャバクラ入店編~

広島の夜の情報誌には、可愛い女の子がたくさん載っている。まぁ、ほとんどが作り上げられた美人ってやつですが・・・


透真が連れて行ってくれたキャバクラ「アキ○園」でした。ちょっと調べてみた

名前まで記憶にたどりつけないとっこが残念ではあるが、あ~ちゃん、い~ちゃん、う~ちゃん

とてもいい子なので、1時間だけのお供で楽しかったお話しをしよう。


順番からいうとア、イ、ウからの紹介がいいだろうが、重要性から


う~ちゃんから・・・

う~ちゃんは席に着いた瞬間女の私でも見惚れるくらいの美人だ。

もう君はそこにいるだけでいい。座って笑っておいてくれってくらいの美人だ。

スタイル、笑顔、おっぱい、申し分ない。目の抱擁をありがとう



い~ちゃん・・・

食いついたのは優様。優しい口調の叔父様風にい~ちゃんとお話しをしている

「おいくつ?」「いつから働いてるの?」「結婚は?」とまぁよくある客の口調の裏側に

経営者としての優様の目は恋してるような目ではない。明らかに引き抜きを考えている目線が

ギラギラとしている。お~い優様そういうことは禁止でございますよ


なんて思っていたら、お店の準備があるからとものの5分ほどでお帰りになった透真


私のお相手をしてくれたあ~ちゃん 22歳

素直に言おう。あ~ちゃん!どうした。広島の女の子はかわいいものではないのか

どうした!そのすっぴん、ゲジ眉、セットされいない髪。びっくりさ

あ~ちゃん「私の売りってこの飾らない感じなんです」飾れよ。少しは・・・

あ~ちゃん「でもね、ちょっと前の写真はきれいなんですよ。ほら」・・・変わんないよ

キャバクラに居酒屋の店員がいるって感じですな


しかし、私このあ~ちゃんが一番のお気に入りになりました。だってたくさん飲んでくれるんだもん

飲んでって言わなくても飲むような子は最近天然記念物なみだ


会話もそこそこ面白い。酔っているのか話してる内容が伝わってこないのに、私と会話が成立するのだ

私「この辺に住んでなくて、観光にきてるんだ」

あ~ちゃん「そうなんですか~。私もこの辺じゃないんですよ。」君はここのキャストではないか


私「うちね、飲んでくれる子が好きなんよ」

あ~ちゃん「う~ん、この店で飲んでくれる子ってなかなか・・・私は日本酒が好きなんです」


私「その若さで日本酒が好きなんだ。辛口?甘口?どっちが好き?」

あ~ちゃん「えっと、飲むときは1本全部飲みますよ」


ってホントかみ合ってんのかわかんない話が続く。とても人を惹きつける素質のあるあ~ちゃん

そして、吉四六が半分開いた頃、あ~ちゃんは、

「いただいていいですか?」 「どうぞ。どうぞ」


????????????


吉四六半分を一気飲みして楽しいお時間の終了となりました。

お疲れ様のあ~ちゃんは、お店終了後、透真の店にお返しにいったそうです

まだまだたっぷりとお酒を飲まれたあ~ちゃんでした



そしていよいよ、12時!透真のお店がオープン

次回 優様とお初透真の店へ行く     です

スポンサーサイト
Comment
非公開コメント 

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。