FC2ブログ
--/--/-- (--)  --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/03/20 (Mon)  23:36

これを人見知りと言うのか

私って無茶苦茶人見知りなんです。酔っぱらう前までは。

髪をいじっくったり、目線が合わなかったりこんな私だから薄暗いセクキャバってお似合いだったのかもしれない


当時仕事を終えるまでにグラスビール10杯までと制限されたお店での決まり事を終えて向かう先はちどり足で透真のところ

「いらっしゃ~い」なんだかみんながお帰りって言ってくれてた気がするんだよね(馬鹿な私)

酔っていない時はカウンターの隅にに座ってお客さんの人間観察するのが大好きだった

酔ってる時もボックスに座って目の前のボックスのお客さんの人間観察をするのが大好きだった


結局人間観察するのが大好きなんか~い!はい!大好きです


昔はね、色恋されてる?してる?そんな劇場場面が目の前にわんさかあったわけで

チューしたり、おっぱい触ったりなんてされてるのを隣で座ってる透真と一緒に見てたのさ


お金かけてするなら、お金かけさせてすればいいのにねなんて話しながら


人見知りの私ってねおバカなほど名前を憶えないの。なんで?興味がないから

で、勝手にあだ名つけると店では通用するようになったのね


今でも覚えてるのが、歩夢っていう子なんだけど、いつも一生懸命名前を教えてくれるから覚えることができた歩夢君は、新人ホストでした


自分の人生や透真のことや、私の気持ちなんて考えてくれる優しい子でした


顔はジャックと豆の樹のジャックの顔かな


よく同伴もしたんだけど、これまたお家からお店までの同伴の都合のいい同伴ね

でもとっても楽しませてくれた歩夢だからいいんだけど、一年くらいしたときに歩夢から飛ぶって相談を受けた


昼間の仕事をしたいから都会に行きたいって


そして私が起こした行動は1通の手紙と1万円札をいれた封筒を渡した


「歩夢の頑張りたいことはやってみるがいい。でもね、もし、地元が恋しくなった時にはこの一万円で帰っておいで。1円もなくなるくらい頑張っても無理って思えることって人生にはあるもんだよ」


って確か書いた気がする


その数週間後、地元のボーリング場で見かけた歩夢は私の顔を見て無視をした


こんな経験ってよくありますが、私って人見知りが故にいい人なのかもしれない


スポンサーサイト
Comment
非公開コメント 

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。